派遣情報を探すならADDCAREER‐アドキャリア- > 営業事務に求められるスキル_人材とは?
営業事務に求められるスキル_人材とは?

営業事務は、一般事務とは業務内容が異なります。

これから営業事務として働きたいという人のために本記事の中で、
・営業事務の仕事内容
・営業事務に求められるスキル
・営業事務に最適な人材
について詳しく解説していきたいと思います。

営業事務とはどんな職務を担当するの?

営業事務とは、簡単に説明すれば「営業のバックアップやサポートをする」部門です。

会社が取り扱う商品やサービスはそれぞれに異なりますが、営業部門は必ず存在するもの。

そして営業事務は、営業職の人たちの業務をサポートする役目があります。

主な仕事の内容は以下の通りです。
・書類作成/管理
・取引データ管理
・顧客データの管理
・受発注の担当
・お客様の対応
特に、取引先のお客様の対応を重視することが多いです。

またそれと並行して、営業職からの書類作成や過去データの確認、お客様への引継ぎなども行います。

夕方には営業職メンバーとのミーティングを行うこともありますが、長い残業は大抵の会社でそれほどありません。

営業事務に必要なスキル

営業事務として必要なスキルには、
・コミュニケーション能力
・並行処理能力
・臨機応変な対応
・スケジュール管理
などが求められることが多いです。

会社によっては、顧客データの管理のために専用のツールを採用していることもあるので、そういったツールを使える基本的なパソコンスキルが求められます。

一般事務は書類作成などがメインなので、比較すると営業事務はやることが多いかもしれませんが、その分やりがいもありますよ!

こんな人は営業事務に向いている!

営業事務は、営業メンバーやお客様とやり取りすることも多く、状況に応じて求められる対応も変わるので切り替えが上手な人が求められます。

その他、バックアップやサポートのために作業の正確な人も重宝されます。

人とコミュニケーションが円滑にとれる人、複数の作業を並行して処理できる人は営業事務に向いています。

また、書類作成や過去のデータに不備がないかの確認など、秘書的な要素も求められます。

<こちらの記事もチェック>
キャリアウーマンの気になる年収について
事務職のキャリアプランについて!事務の仕事はキャリアアップ可能?

まとめ:営業事務に求められるスキル&人材とは?

いかがでしたか?今回は、営業事務に必要なスキルなどについてご紹介いたしました。

・営業事務は営業職のサポートをする重要な存在
・コミュニケーション能力やパソコンスキルが重んじられる
・臨機応変な対応ができ、サポートをするのが好きな人が向いている
という3つが本記事内でのポイントでした。

営業事務が初めての人も、現場でスキルを身につけて活躍しているケースもありますので興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

アドキャリアでは、営業事務のお仕事も紹介していますので、営業事務に挑戦したい!一般事務からキャリアップを図りたいという方は求人を是非ご覧ください。→募集職種を詳しく見る

関連記事RELATED POSTS